INTERVIEW

Masseur

櫻井佳子

2009年 入社
今ままでこんなことをしてきました
大学を卒業後、システムエンジニアとして2年ほど働いていましたが、「パソコンと向き合うより人と向き合う仕事をしたい!」と思い、マッサージ師への転職を決意。
鍼灸・按摩マッサージ指圧師の資格を取得し転職し、東京ドームにある施設にてマッサージ師として指圧やタイ古式の施術をしておりました。
今、こんな仕事をしています
主に、ゴールデンスパの会員様、ホテルゲスト様へのマッサージを行います。
マッサージは、指圧と按摩を組み合わせたドライマッサジ、オイルマッサージ、フットマッサージなどのコースで行います。
当社では特別決められたマニュアルはありませんので、自由に施術を行うことができます。
私は以前タイマッサージを経験していたこともあり、ストレッチを多く取り入れタマッサージをしています。
仕事をする上で大切にしていること
マッサージの仕事において重要なのは、何よりも、お客様が求めているものが何かを知ることが大切だと思っています。正しい知識や技術はもちろんですが、自分の技術を押し付けるだけの施術ではなく、お客様一人一人に合った施術を心がけています。そのために、自分のマッサージスタイルを変える事もあります。「お客様の幅を広げるには、自分の技術の幅を広げろ」先輩の言葉です。
壱番館のよいところ
幅人い年代、経験を持った人がいることが魅力だと思います。この道40年の大大大先輩からは、高い技術だけでなく、臨床家としての心構えを見て、聞いて、学ぶことができます。また、社内に、整体・鍼灸・エステ部門があることで、お客様の体調に合わせて、マッサージ以外の施術をお勧めすることができますし、スタッフ同士、同じ業界の多ジャンルの人と意見交換ができるので、大変勉強になります。
未来の私
沢山の引出しを持った治療家として、将来は独立開業を目指しています。すでに独立をした先輩が多く、独立に対して応援してくれる会社であると思います。
壱番館への就職を考えている皆さまへ
マッサージ師としてどのように成長するかは、資格を取った後、どこで働くかで大きく違います。医療・美容・スポーツなど様々な現場でマッサージ師は必要とされています。インターネットで会社の情報を集めたり、その会社の雰囲気を実際に見たり、できるところであれば、そこのマッサージを実際に受けて、お客様として満足できる場所であるか、自分の身体で判断することも大事だと思います。