INTERVIEW

Masseur

原田敦夫

2009年 入社
今ままでこんなことをしてきました
約8年間、リゾートサービスの職場で働いていましたが、景気の低迷が続く中店舗の閉鎖が続き、手に職を付けるべくこの業界に転職をする決意をしました。
壱番館で働く以前は横浜のグループ整骨院で業務の基礎と治療家としての厳しさと精神を学び、来院患者数1日100人を超える院での臨床経験を積みながら3年間修業させていただいてました。
今、こんな仕事をしています
院長として患者様の施術やレセプト業務、スタッフ指導や院内での指示出しを行いますが、壱番館整骨院では、スタッフ全員がそれぞれ全ての業務に携わるようにしています。
仕事をする上で大切にしていること
一番はコミュニケーションを大切にしています。患者様や同僚、治療や業務の進行にもっとも必要なことと考えています。
「傾聴」と「共感」な姿勢で相手が何を望んでいるかを考えながら取り組んでいます。
壱番館のよいところ
本物の治療家を目指せるところ。ほとんどの整骨院ではマッサージ療法ばかりで、治すことより慰安目的に重きを置いています。
もちろんそれも大切ですが、壱番館では対応力の高い治療を学ぶ事ができます。必ず将来自身のプラスになると思います。
未来の私
こんな院長のもとで働けて良かったと思ってもらえるような上司になり、地域の皆さまに必要とされる治療家になります。壱番館整骨院の分院を増やし、県内有数の治療院にしたい。
壱番館への就職を考えている皆さまへ
壱番館のスタッフはみんな向上心が強く、常に患者様を第一に考えている人達が集まっています。治療家として現状のご自分に、もし納得できていないとしたら、学ぶ環境、治すためのノウハウが壱番館にはあります。またスタッフ同士もお互いを尊重し合い、従業員一人一人の意見に耳を傾けてくれる社長や上司がいる、風通しの良い会社です。そんな壱番館ではあなたの人柄や、お持ちのスキルを最大限に活かせるはずです。ご一緒に働けることを待ち望んでいます。